HARUHIRO

HARUHIRO

2016年12月22日木曜日

芸名つけました。はるこうべです。よろしくお願い致します。

ご無沙汰しております!!
風邪で声ガラガラの鼻ズルズルで弱っているうえに、自損事故してしまったりと散々な感じの近頃ですが、日々とても充実しているので心は元気、はるこうべです◎

今サラッと言いましたが,お気づきでしょうか?
私このたび芸名を自らつけました。近しい人には発表というか相談も兼ねて反応を伺っておりました。
約半数の方が"え~、やめときなよ~"
約半数の方が"いいじゃーん"
と、まぁ見事に賛否両論でありました。

そんな相談という名の発表を繰り返すたびに愛着が湧いて、気がつけば名刺まで作る始末。試し刷りだからなんて言い訳して200枚程。

しかし、そこまでしておきながら、もう一押し出来ない女々しさの残る我輩でしたが、尊敬するミュージシャンぱいせんの"それいいじゃ~ん!俺もその名前、気に入った!!"の言葉の後押しで決定しました◎

まだアーティスト活動する前の頃のこと。
アルバイト先の飲み屋のほんのりふくよかな先輩に"ガイコツ"とあだ名をつけられ"だまれ!!このデブ!!"と強がりながらも、内心やっぱり傷ついていた思春期の僕は、ガイコツにいいイメージを持っていませんでした。
そんな傷を残したまま気がつけば31歳の誕生日。知ってか知らずか、ガイコツのブレスレットをプレゼントで頂きました。
何故、ガイコツなのだー!!
俺に似てるからなのかー!!
などなど思いを巡らせているところに
"死の象徴みたいで怖いイメージだけど、魔除けの意味もあるんだよ~。何よりこれ、かわいいでしょ!!"
みたいな事を言っていた気がする。

プレゼント自体がとても素敵だった事もあるけど、その意味みたいなものが凄くストンと心に落ちまして。そこから、ガイコツについていろいろと検索してたら、女神だったり守護神のイメージがガイコツだったりとか、儀式を執り行う神官が身につけているものがガイコツだったりとかで、自分のイメージしていたガイコツとは真逆の意味も持っていたりして、嫌いだったはずのガイコツが物凄く好きになりました!

ちょうどその頃"ヤドサガシare HANIMALÜ 後藤春博"の表記に違和感を感じ始めていたところでした。
みんな"はるちゃん"って呼んでくれてるから、その愛称は残したままで、等身大で肩肘張らない、ありのままをさらけだせるような芸名はないものかと考え始めました。

インフルエンザで10kgも痩せてデトックスされたwww状態が継続中のため、見た目の骸骨マン化が定着してきた事もあるし、名は体を表す名前。

はるドクロ

うーん

はるガイコツ

うーん

はるしゃれこうべ

うーん

あ!!!

"はるこうべ!!"

こんな具合に仕上がりました(笑)
賛否両論ありますが、それもまた良し◎
いいとこどりしてまとめると、
等身大で肩肘張らないありのままをさらけだしている守り神(等身大があまりにも危険で魔除けになるw)...。


冗談はさておき、

自分の頭の中を晒して行こうという思いを込めて
"はるこうべ"


です。
改めましてよろしくお願い致します。

2016年2月11日木曜日

私を構成する音楽〜vol.2~

こんばんは!!
第1回目は幼少期の音楽ということで、天地真理/

恋する夏の日を紹介しました。
このシリーズは時系列を揃えていこうかと思うので、今回は、
はじめてCDを買った小学生の頃の話をします。
確か小学校高学年の頃、
女子にモテるためには音楽を聴かないとダメだ!!的なノリで、当時大人気だったロックデュオの最新のCDを買ったかと思います
そのCDに関して言うと、モテたいが為に買っただけで、
特別好きではなかったわけですが、当時音楽好きでサッカー部のY君と仲良くなるきっかけになりました(笑)
そのY君と一緒に、
当時の僕らの聖地のpocoというゲームセンターがありました。そこはゲームセンターだけど、リサイクル品を売っていたりする場所でした。
音楽通だったY君は『これ聴いたことある??めっちゃいいよ~!
』という具合にいろんなCDを紹介してくれていました。
数々のCDを紹介してくれるものの、
全部買うお金がなく困っているとY君が言いました。
『これは絶対に聴いた方がいいよ』
と渡してくれたCDがこれでした。

Mr.Chirdren/inocent world


クラス1のモテ男が言うんだから間違いなくモテる!と思い、
確か300円くらいだった中古CDを買いました。
早速、女子の話題をさらうため、
父の上等なオーディオを使って再生しました。
イントロのギターが鳴った時点で、なんかワクワクするー!!
みたいな感じになりました。
歌い出しから妙に清潔感のある声(ダブリング)と、
気持ちのよいメロディーと、明日からの学校生活への期待で、とても気持ちが高ぶりました。
それ以来女子にモテることはなかったですが、
ミスチルにめちゃくちゃハマってCD singleが出る度に買ったり、雑誌の記事を切り抜いたりとジャニーズ好きな女子みたいになっていきました。
音楽好きの友達が出来たりもしたし、良い思い出です。

今思うとY君ありがとう( ´ ▽ ` )ノ

以来、父の影響以外ではじめて音楽に興味が湧き、
当時はJAZZやクラシックは古臭いなんて思ってポピュラーミュージックに傾倒していきました。
そんなきっかけになった曲
ミスチル/inocent worldです。





ん〜懐かしい.........................................................
!?
ほとんど歌ってない!!笑

2016年2月9日火曜日

アコギの鳴らし方

こんばんは!!
レコーディングする度に何故か毎回思い出す言葉があって

上手く弾こうとしたらあかんねん。全然ギターが鳴ってへんで~。です。

 
この言葉は、専門学生時代にRAP科(レコーディングアーティストプログラム科)で行った大阪旅行の時に受け取ったものです。
 
確かあの時は、先生の企画で食倒れツアーみたいな感じでひたすら美味いものを食べて楽しむ旅行だった気がします。
着いて早々にラーメン食べて、
移動するその足でたこ焼き食べてみたいな感じでしたね。
 腹ごなしするためにボーリングやったりとか。
主に食べることがメインで構成されていたツアーでしたね(笑)
 
それでもやっぱり音楽に携わる人達ばかりなので楽器屋さんもいくつかチェックして行きました。
 
ネットで調べていろいろ回っていた!?ので一通り名の通った楽器屋さんを巡り、面白かったね~で食倒れツアーに戻るかと思いきや、たまたま通りかかったある一角に楽器屋さんの看板を発見!!
お店はどうやら2階にあるらしい。

 
踏み入れたらカツアゲでもされそうな階段を恐る恐る登り、開けたら日本刀持った怖い人が出てきそうな扉を好奇心とともに恐る恐る開けました。
扉が開ききるのを見届ける前に目に飛び込んで来た数本のギター。

 
 
シンプルなストラト、テレキャス、アコギが全部で10本くらい。
知らないメーカーばかりの数十万円以上のギターと白髪でメガネの
おっちゃんがおりました。
 
店内に入って早々に、おっちゃんは僕らに3枚のプリント用紙を渡してくれました。
まずは、それを読め!!と言わんばかりに(笑)

 
プリントの内容はギターについての様々な知識が分かりやすく書いてあり、ためになるものでした。
そのシチュエーションといい、プリントの内容といい、
おっちゃんの風貌といい、なんだか只者じゃない感じがすごくて、ここに置いてあるギターを弾いてみたいと思い、試奏をさせていただきました。
 
音を出して、ものの30秒くらいで前述の言葉をいただきました。
 
『上手く弾こうとしたらあかんねん。全然ギター鳴ってへんで~』
 
正直、意味が分かりませんでした。
決してギターが上手い方ではないけど、音はしっかり出せるし、
ダイナミクスもつけられる!!みたいな自負がありました。
 
しかし、よく分からないけど、否定されたのがどうにも悔しくて、その言葉がずっと頭に残ってます。
 
実は今もあまりよく分かっていなかったりするのですが、その疑問を持ち続けているおかげで、音を鳴らす事への探究心が止まないのかもしれないと少し良く考えています(笑)
 
プラスその答えに近いものが8年の短いキャリアではありますが、その中にありました。
 
すごくギター上手いなぁって人のプレイをライブなり、楽屋なり、様々な環境で聴く機会があって気づきました。
すごく意外だったのですが、聴いている音の割にタッチが弱く、
音量が小さい!!
出ている音はふくよかでとっても力強く大きく感じるのに、
実際の生の音は小さかったのです。
 
気づいたときに早速自分のギターに取り入れてみるわけですが、まぁどうにも気持ち良くないし、コントロールが以上に難しかったです。でも、それらのことも続けていくと出来てくるもので、なんとなくものにしたかなぁと言うタイミングで録音してみたら、びっくり!!
 
自分のギターの音がだいぶ良くなっている!!(完全に主観)
 
力が入り過ぎると音がつぶれてしまうし、弱過ぎると届かない。その丁度いい加減なところがギターがちゃんと鳴っているところなのかなぁとなんとなく思っています。
 
潰れた音も、弱々しい音も、音楽をする上では音色の1つだと思うし、どこを取っても自分の音でしかないので、どう選択するかが大事だと思います。
ただ、その楽器が持っているベストな音と、
僕の持っているベストな音が上手く重なったら、もっと表現の幅が広がるなぁなんて思います。
 
なんて、長々と書きましたが結構感覚でやっとります(笑)
読んでいただきありがとうございました。





2016年2月7日日曜日

LIVE鑑賞行ってきました

こんばんは!

久々に愛知県刈谷市のCafe Nationに行き、久々にLIVE鑑賞してきました。
最近公開になったMVを見て、なおさら今の音を生で聴きたい衝動が止まらなくなっていたところ、この東海地方にも訪れるということで見に行きました。

ちなみにこちらがMVでヤンス!!



めっちゃ素敵ですよね!!
The Paaan Islandという主催イベントの第 1回目に出演していただいたConguero Tres HoofersのYukihiro Atumiさんです。

一番最初に拝見したのは、またまたCafe Nation。
keycoさんとのデュオで出演されていた時です。
圧倒的な歌唱力のその横で、ものすごい存在感のあるギターを弾いていたのが印象的でした。歌のメロディを損なうことなく繰り出される音はどれも繊細で美しく、独特な響き。

コードワーク、フレージング、リズム感どれを取っても創造的で、それがまた洗練されていてすごく楽しいのです。その楽しい時間が終わってしまうまでは本当にあっという間で、多分2時間くらいだったと思うのですが、体感的には30分みたいな感じで、『もっと聴いていたい』ってなっていました。


その時から大ファンになり、ライブをよく見に行っております。


先日のLIVEも素晴らしかったです。古き良き日本の文化を現代版として通訳してくれているみたいで、キレイな日本庭園やそこから見える日の出とか、様々な情景を観せていただきました。すごくたくさん音がなっているのに、自分のタイムスリップした場所はとても静かで気持ちのよいところでした。

 本当に美しい音の世界をありがとうございました。

現在様々なプロジェクトを進めているらしく、どれも楽しみで仕方ありません。

2016年2月5日金曜日

自分の字は好きですか??~持論につき閲覧注意~

 























 こんばんは!
昨年からNVAという専門学校で作詞の講師をしています。
作詞の授業ということもあり、学生の字をたくさん見ます。
こんな書き方をすると語弊があるかもしれませんが、
人の書く字を見るのが好きな僕としてはすごく楽しい時間です。※楽しい理由は他にもありますが、話が逸れてしまうのでそれはまた別の機会に!!

 
話を戻しますね(笑)

 
全く同じ文字を使っていたとしても、全く同じ字にはならないっていう矛盾。
文字にするときに気持ちを託すという同じ目標を持っていながら、
人のそれが出てしまう、その十人十色具合が好きなんです。

 
自分が小学生の頃、兄が通っていたこともあり書道教室に通っておりました。
 教室の内容といえば、先生の書いた書をただただ模写して、
1番出来の良いものを検定……!?だったっけ…!?
あまり記憶が定かではありませんが、
その書を先生に提出していくだけ(当時の僕の考え)でエスカレーター式に昇級していくというシステムでした。
その甲斐あって卒業する頃には段を超える"特待生"
という身にあまる称号をいただきました。

 
それからその称号をこれみよがしに友人に自慢するというシステムが出来上がり、決まり文句の『こう見えて書道は段超えだよ!』
『じゃあなんか書いてよ!』
っていうシステム(笑)が出来上がりました。
案の定、ネタにしちゃうくらいのひどい腕前なので、
だいぶ叩かれました(笑)
それ以来、
書道教室に通っていたにも関わらず自分は字がヘタだというコンプレックスを強めるとともに独自に少しずつ修練を積み始めるきっかけとなりました。

 
模写するのが得意なので、上手い人の文字を真似してみたり、これやったらカッコいいんじゃないかみたいな試行錯誤をしてみたりといろいろ重ねてゆきました。

 
これがまぁ難しくて…。

 
なんとなく薄目で見たら上手いっぽい、でもなんか少しよれてたり、バランス悪かったり。全然上手く書けないし、好きになれませんでした。
あまりにも出来ない自分にさめざめして字の修練という意識はやめ
て(笑)ヘタクソでもいいからひとつひとつ丁寧に書いてゆこうという意識に変わってゆきました。

 
次第にその意識とともに自分の字が少しずつ好きになってゆきました。決して上手くはないけど、ちゃんと立ってる!!みたいな。
気持ちが行き届いている!!みたいな。

 
それで楽しくなって、また書きたくなる!!書く!書く程にいいところが見えてくる。

 
この感じ音楽にも通じるところで、なんなら全てのものごとに通じると思っています。

 
・日々、修練を積むこと。
・かっこつけてないでありのままの現状を理解し、
ひとつひとつ丁寧にやること。

 
誰もが1人1人生まれながらに授かってきている素晴らしいものがたくさんあると思います。
生まれながらに持つその美しさを忘れず、
損なわないようにひとつひとつ丁寧に生きてゆきたいものです。

 

2016年2月3日水曜日

ヤドサガシ1st ALBUM制作プロジェクト〜後半のホイッスル〜


























こんばんは!
先日はベースの徳さん(徳田智史)
とドラムのよーぞぅさん(野村陽三)とヤドサガシの1st albumのためのプリプロをしました。


このメンバーでスタジオ入り始めたのは去年の秋頃から。
アルバムの制作を始めてからってなると、
もう2年くらい経っている!!うわ~(笑)
 
思わず心の声が出てしまうほど(笑)長~いプロジェクトになってきていますが、ヤドサガシのファーストアルバム制作も後半のホイッスルが鳴っております。ぴゅー
そのホイッスルが鳴ったのを合図に、10曲分のドラムとベースが"
タカドン、ドゥードゥー"走り始めたわけです(笑)
 
『Africa』『ただいまいほーむ』『SEQUERE   NATURUM』『鳩が舞う日』『空を灯して』という5曲をベースのヨーコちゃん(yoko)ドラムのしんちゃん(大野真之介)ペア。
勝手にY&S(仮)と命名(笑)
 
 
『いつもそばに』『lalala』『CLAP!CLAP!CLAP!』『妖怪ヤドサガシ』『おもいでの森』という5曲をベースの徳さん(徳田智史)ドラムよーぞぅさん(野村陽三)ペア。
勝手にT&Y(仮)と命名(笑)


残りのたぶん5曲はアコースティックにて収録予定です。それはまた後日紹介しますね。
 
チームY&S(仮)は開始から2ヶ月で見事5ゴールを決めまして、もうすでに収録済みです!!
実に見事なゴールばかりだったのですが、
なかでもAfricaっていうゴールは秀逸でかなりテンションあがりました!!
Y&S(仮)の2人の想像力&創造力がめっちゃ凄かったです。
曲の意図や景色を理解してくれて、かつ、
もっと世界を広げてくれるっていう。
作曲者からすると物凄く嬉しいことです。
すごくいい音だから聴くたびに思わずニヤニヤしちゃうんですよね~(
笑)
本当に感謝でいっぱいです!!

 
チームT&Y(仮)は先日がレコーディング前の最後の打ち合わせでした!
こちらのチームはオフェンス強めな姿勢でのぞんでいます。
本番のシュミレーション、イメトレは万全を期しました。
どんな”ゴールを決めるのかに期待が高まっております。
また報告します!!

 
 我らヤドサガシはというと、アコースティックの5曲、Y&S(仮)の5ゴール(5曲w)を更に素晴らしいものにするべくレコーディングしています。
ハイライト公開(CDリリース)
までひとつひとつ丁寧に着実に重ねております!!
お楽しみに♪

ツッコミどころ満載な記事ですみません(笑)

2016年2月2日火曜日

私を構成する音楽〜恋する夏の日〜





こんばんは!
最近、"私を構成する9枚"っていう投稿をよく目にしていて、

自分もやりたい!!と思いジャケットを集め始めたものの、構成してくれる音楽を9枚に絞るのがかなり難しくて…もう絞るのはやめて(笑)ひとつひとつこのブログで紹介することにします。ズルします(笑)
 

まず、第一回目は幼少期に触れていた音楽のことを書きます。
乳飲み子の頃の記憶といえば、
テーブルの真ん中の手の届かないところに置いてあるマコロンっていうお菓子をなんとかして食べようと手を伸ばすも食べれず、"クッソー"ってなっていたという記憶くらいしかないわけですが、そんな頃からオーディオ好きな父親のおかげで音楽を聴いていたと思います。
 

少し話は逸れますが、専門学校時代にお世話になっていたY氏から
はるちゃんの曲の独特なハーモニー感みたいなものってどこで培われたの??』
みたいなことを聞かれたことがあって、その頃の僕のヒーロー"
Jack Johnson"を筆頭に影響を受けた人の話をしていきました。しかし、Y氏はどうにもしっくりこない様子でした。
 

少し困ったものの自分の生い立ちまで遡って考えてみたところ思い出しました。
 

『ジャズ、クラシック好きの父親がたまにカーペンターズを流していて子供ながらにいい曲だなぁなんて思っていましたよ。』
続けて
『あと昭和歌謡も。
天地真理の曲がすごい印象的でよく覚えてます。』
『あとは…必然的にジャズもクラシックも聴いてますね…』

 

そんな話をしたところY氏はしっくりきたのか、僕の顔をしっかり見て
『それだ』
と言いました。

 

その自信満々に『それだ』と言うY氏の言葉を今でも鮮明に覚えているくらい、自分にもしっくりきた答えでした。
ジャズ、クラシック、当時のヒット曲(1980年代)の素敵な響きを子供ながらに受け取って
自分なりの音楽となって、いい感じに入力できたのでしょうね。
 音楽のことに関してで、
はじめて父親に感謝した瞬間でもありました。 

幼少期に聴いた音楽で初めて子供ながらに響いた曲。
そして、今でもしっかり歌えるくらい覚えている好きな曲。

天地真理さんの"恋する夏の日"です。